200年の重み

今回の日帰り旅で一番の感激はうに丼では無く有珠善光寺なんです。
北海道には古い寺院は少ない。
もともとアイヌの方が住んでいたから当たり前だけどね。
善光寺は徳川11代将軍が蝦夷地を直轄するに及んで建立されました。

うーたんを連れて敷地に入っていいかモジモジしていたらお坊さん登場!
何でも戌年らしくOKとの事!?
パパ&ママもだけどね♪
お坊さんはたぶん90歳近く!色々昔の話もしてくれました。

f0046128_1749363.jpg

f0046128_17492443.jpg

f0046128_17495061.jpg

f0046128_17501375.jpg

f0046128_17505864.jpg


緑が無い季節でもこの存在感!
なんでも桜の名所らしいので5月になったら絶対戻って来るぞ~
アジサイも沢山植えてるので想像しただけでドキドキ
本州じゃ数多く見れる景色でも北海道は歴史が短いので歴史を感じる場所って少ないんです。

ここの敷地はメッチャ広くてうーたんも大喜びでした。

f0046128_17543917.jpg


枯れたイチイの木に桜が生えてるんですよ!

f0046128_17552931.jpg


石割桜もあります

f0046128_1756211.jpg


アイヌの人は全てのものに神が宿ると考えていました。
浄土念仏との重なりがこの様な奇跡を生むのでしょうか?
自然のエネルギーを吸収し元気になりました♪
[PR]
by shiro_utam | 2008-03-29 07:13 | 旅コミ
<< 久しぶりのネタ 知らなかった・・・ >>